スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリッパーいろいろ

044-01.jpg
044-02.jpg
044-03.jpg
044-04.jpg

フィルターも種類が多くて迷うかもしれませんが、
ドリッパーと同じメーカーの対応したもの
を使うのがまず無難かと私は思います。
スポンサーサイト

ペーパードリップに挑戦(5)

ペーパードリップに挑戦(4)の続き

023-01.jpg
023-02.jpg
023-03.jpg
023-04.jpg
023-05.jpg
023-06.jpg
023-07.jpg
023-08.jpg
023-09.jpg

「のの字注ぎ」とは一般的には言いません……ご留意を。

ペーパードリップに挑戦(4)

ペーパードリップに挑戦(3)の続き

022-01.jpg
022-02.jpg
022-03.jpg
022-04.jpg
022-05.jpg
022-06.jpg
022-07.jpg

長くなりますので、今回はここまで。
次回に続きます。

ペーパードリップに挑戦(3)

ペーパードリップに挑戦(2)の続き

021-01.jpg
021-02.jpg
021-03.jpg
021-04.jpg
021-05.jpg
021-06.jpg
021-07.jpg
021-08.jpg

これらは「してはダメ」な方法ではないのですが、よりおいしく淹(い)れるための「ちょっとしたコツ」があります。
次回に続きます。

ペーパードリップに挑戦(2)

ペーパードリップに挑戦(1)の続き

019-01.jpg
019-02.jpg
019-03.jpg
019-04.jpg
2010年11月6日の記事参照
019-05.jpg
019-06.jpg
019-07.jpg

結局は

・レギュラーコーヒーの粉(中挽き)……8グラム以上
・ドリッパー(プラスチックでも陶器でもどちらでもO.K.)
・ペーパーフィルター(漂白か無漂白かはお好みで)
・コーヒーポットか細口ケトルか急須のいずれか1つ
・カップ(素材は湯の温度に耐えられるものであればO.K.)
・たっぷりのお湯(90度以上)

があれば「ペーパードリップ」はできるということです。

次回に続きます。
プロフィール

川原純一

Author:川原純一
コーヒー歴5年以上の猫好き。
夢中になると徹底的に調査・収集したくなるオタク体質。
サイトも運営しています。

カテゴリ
水 (1)
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。